So-net無料ブログ作成

理学療法士の『今』 [理学療法]

どもどもー
毎回更新が遅くなってしまって申し訳ございません!



前回まで概要を大まかに話せたかなと思っていましたが、
肝心の『今』と『未来』について書いてなかったですね(笑)



ここまでくるのに結構かかってしまいました...
さてさてお酒も飲んでほろ酔いですが書かせていただこうと思います!



いきなりですが、理学療法士って儲かる職業だと思いますか?



「病院とかで働けるし儲かるんじゃね?ちょろいっしょ」
と思っている方、実に残念ですが現実はそんなに甘くありません。



そこまで簡単に儲けられたらわいは億万長者になっとるで〜
まあ自分もそう思っていた一人ですが(笑)
なんでやねんと思いますよね?



世の中実にうまくできていてですね
よっぽど儲けてる一部の人以外は得する人と損する人に分かれます。
世に知れ渡っている職業のほとんどが、
労働力の割に満足な給料をもらっていません、多分...!



理学療法士も病院という大きな企業に雇われているだけで
普通の職業と給料はなんら変わりません。
場所によってはむしろそれ以下の可能性もあります..._| ̄|○



かーーーーくそったれ。



私たちの収入は国で定められた診療報酬に左右されます。
診療報酬は2年ごとに改定されその度に保険点数も見直されます。



各疾患の項目によってとれるコストが決まり、
その点数によって変わる訳ですねー
(例えば...運動器リハビリテーション料180点/1単位)


病院などでお会計をした際に、
領収書に「○○点」って書いてあるのわかりますか?あれです



またリハビリ提供だけでなく、
その他の指導書や計画書などでも保険点数をとることができます。
案外患者さんの分からないとこでお金が動いてる訳ですよ



「ほえーそうしたらいっぱい患者担当したらええやんけ」
と思うでしょうが、1日にとれる単位が24単位/日と決まっているため
歩合制のようにやった分だけ上がる体制ではないのです。



病院によって異なりますが、
繁盛期や閑散期関係なくある程度の給料は貰えているはずです。



何となく分かってきたと思いましたが、
現状貰える給料は決まっていて、定期的に改定されるのを待つしかない。



うむ、なかなか夢がないな...。



んでこっから今度何を思うかというと
「頑張ってる人と手を抜いている人は貰える金額が同じ」
という思考に落ちてしまうんですよね。
いやー皆さんはどう思いますか?(笑)



個人的には嫌ですね。自分のために知識やスキルを磨くのに
それが反映されないってのはいかがなものでしょうか?



苦労してポケモン図鑑埋めたのに、コンプリートした後 見れるのがスタッフロールだったときくらいがっかりですよね。 オーキド博士はケチくさ野郎です。



とまあ書いてきましたが
理学療法士のやりがいについては私は満足しています。
ただ、シビアなこと言うようですが
満足感や理想だけでは生きていけません。


何かしら考えていかないとですねー
『未来』に続きます♪( ´▽`)

スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。